歯ぎしりと知覚過敏

知覚過敏になってしまう最も大きな原因として歯ぎしりが知られていますが、歯ぎしりというのは歯と歯をかなりの力で密着させた上で、無理にこすり合わせていることを言います。

歯ぎしりをすると歯のエナメル質が損傷し、知覚過敏が起こってしまいます。
加えて歯ぎしりの原因は何かというと、噛みあわせ異常だけでなく、癖、ストレスなども関係します。

特に考慮しなければならないのが、ストレスで歯ぎしりが生じているときです。
ストレスが溜まっているという自覚はなくても、ひょっとしたらいつの間にかストレスが溜まるということがあるのです。

一部には、ストレスが溜まってくると無意識に歯を食いしばるという癖の人もいるようですが、そうしたタイプの人は眠っている間に歯ぎしりをする場合が多いようです。

ストレスの歯の因果関係はというと、歯ぎしりを行うことによりストレスを軽減させているのではないかと言われることがあります。とはいえ、ストレスを軽減させるために知覚過敏になってはいけません。

通常の生活において、多くの人がストレスを受けながら過ごしているとされていますので、自分とは関係がないとは思わないで、コンスタントにストレスから身を開放するように意識してみるといいでしょう。

やりたいことを思う存分やってみたり、お風呂でくつろぐ、ゆっくり過ごすなどでもストレスを軽減させたりすることが可能となります。

         f:id:aritasika:20190420172525j:plain